落ち葉を焼いている夕暮れに
白い煙が流れて行った
流れて行った月日の色に
秋の深さを滲ませて

作詞:藤井逸郎先生