飛蚊症
飛蚊症は、目の疾患のひとつ、あるいは症状のひとつ。眼科分野では遭遇する頻度の高い症状である。
原因
目の内部を満たす硝子体が混濁することによっておこる。
混濁の原因には、
1.生理的飛蚊症(病的ではないもので生来のもののことが多い)
2.後部硝子体剥離(病的ではないもので加齢・強度近視・打撲などによるもの)
3.その他(網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎などの病的なもの)
などがある。強度近視の眼は飛蚊症になりやすいと言われている。
症状
視界に糸くずや黒い影、蚊のようなものが見え、視点を変えるにつれ、それが動き回るように感じる。明るい場所で白いものや空を見た場合によく見える。多くの場合加齢により自然発生する。飛蚊症自体は多くの場合目の機能に問題はないが、網膜剥離の初期症状や糖尿病網膜症の症状として現れることもあるので、眼科の受診が必要。
治療
飛蚊症は硝子体を手術で切除することにより消失する。海外には、FOV(floater only vitrectomy)という飛蚊症除去のための硝子体手術が行なわれている国があるが、日本では、飛蚊症除去の目的では硝子体手術のリスクは高過ぎると考えられているため、FOVが行われることは、ほとんどない。しかし、硝子体手術の安全性は向上して適応が広がりつつあるため、飛蚊症に対する硝子体手術も安全な手術であるとの見解が日本でも現れている。
また、レーザーで硝子体の混濁を直接に粉砕する施術もあり、FOVと比べて侵襲性が低いために安全性が高く、特に形状の明確な飛蚊症の解消に有効である。ただし、若年性の飛蚊症の場合に多い網膜や水晶体付近の混濁には、安全性確保のため、レーザーの照射は避けられる。この施術は、欧米、台湾、韓国などで行なわれており、日本から海外に渡航して治療を受ける例もあるが、治療費のほか、渡航費や通訳費用の負担が発生する。2013年8月には、ようやく日本にもレーザー治療を開始するクリニックが現れた。レーザー機器は時代とともに精度と性能が向上しており、2013年初頭には飛蚊症治療に特化したレーザー機器も開発された。