眼球図   (PDF)



毛様体 筋肉の多い組織で、調節と呼ばれるピント合わせを行う部分です。また、房水とよばれる液体を参出します。
虹彩 黒目の周りにある茶色い部分で、眼球内に入ってくる光量を調節します。カメラに例えると「絞り」にあたります。
瞳孔 黒目の部分です。光の通り道となっています。
角膜 眼球の前面にあり、強膜より湾曲が強く突出しています。透明で眼球の外膜の1/5を占めています。
水晶体 凸レンズ状をしており、透明で弾力性があります。毛様体と連係してピント合わせを行います。
Zinn
小帯
チン氏帯とも呼ばれます。毛様体と水晶体を繋ぐ組織です。
前房・後房 透明な液体で、水晶体や角膜後面に栄養素を送り込むと同時に老廃物を排出します。後房・毛様体から参出され、前房・虹彩と角膜の境界にあるシュレム氏管から眼外に排出されます。
硝子体 網膜と水晶体に囲まれた部分で、透明でゲル状の液体が詰まっています。
視神経 網膜の視細胞からの情報を大脳の後頭葉に伝える、いわば信号ケーブルです。
視神経乳頭 視神経が集まるところで、中央のやや鼻側に寄ったところにあります。
黄斑部 色覚・形態覚を司る視細胞が集中していて視力の最も鋭敏な部分です。正面からの光が結像する部分となります。
強膜 角膜とともに眼球の外膜を形成しています。白目と呼ばれる部分で、大変強靭な組織で出来ています。
脈絡膜 強膜と網膜の間にある膜で、血管が多く眼球の栄養を司っています。また、瞳孔以外から光が入らないように暗幕の役目もしています。
網膜 脈絡膜の内側にあり、カメラでいうフィルムに相当します。視細胞により光を電気エネルギーに変換して視神経へ送ります。

http://www.omi.gr.jp/index.shtml