ご警告
レンズ一般に関するご使用上の注意
●強い衝撃や固いものとの接触はお避けください
ガラスレンズや、耐擦傷性の処理をしたプラスチックレンズでも強い衝撃があればキズがついたり、破損することもあります。破片で目や顔に重症を負う可能性があります。サッカー、野球など強い衝撃が予想される場合は、ゴーグルなど保護具と併用してください。
●太陽や強い光を直視しないでください
カラーレンズの濃淡や紫外線カットの有無にかかわらず、太陽や強い光を直視しないでください。目に重症を負ったり、失明に至る場合もあります。
カラーレンズのご使用上の注意
●視感透過率8%以下のカラーレンズは運転に使用しないでください
 視感透過率8%以下のレンズは、昼間でも光量不足で視力が低下する場合があり、大変危険ですので、運転には使用しないでください。
 ※フォトクロミックレンズは低温では視感透過率8%以下になる可能性があります。
●視感透過率75%未満のカラーレンズは夜間、夕暮れ時の運転に使用しないでください
 視感透過率75%未満のレンズは、光量不足で視力が低下する場合があり、夜間や夕暮れ時の運転には使用しないでください。
●青、緑、赤などの特殊カラーレンズは運転に使用しないでください
 青、緑、赤などのカラーレンズは信号が識別しにくくなりますので運転には使用しないでください。
ご警告
紫外線によって発色するフォトクロミック(調光)レンズ
(サンテック、トランジションズ)のご使用上の注意
●太陽光や紫外線で色が変わるフォトクロミックレンズはトンネル内や夕暮れ時は危険です。色が濃くなった状態から淡くなるまで時間がかかります。トンネル内や屋内駐車場等の暗い場所や、夕暮れ時は視力が低下しますので、使用しないでください。
フォトクロミック(調光)レンズの製品特性
●調光レンズの濃度は紫外線の強さや温度により左右されます。
 強い紫外線を受けると発色が促進されますが、温度が高くなると発色が抑制されます。紫外線が強くても温度が高い夏季などでは、わずかに色付く程度にしか発色しない傾向にあります。
 夏季にまぶしさを防ぐ場合には別途サングラスの併用をおすすめします。
●傘や帽子で紫外線を遮ったり、紫外線カットガラスに覆われた車の中では、調光レンズは濃くなりません。
●調光レンズは紫外線の影響で徐々に経年劣化し、濃度の低下や、色調の変化を生じます。
 レンズ表面のキズが劣化を促進する場合がありますので、お取り扱いにはご注意ください。
●気温の低い冬季では、一般に夏季より色が濃くなり、退色に時間がかかります。
●フォトクロミックレンズは発色の程度にかかわらず、紫外線をほぼ100%カットしています。

も ど る