毎日長時間、パソコンや携帯電話などを見続けている現代人は、近くを見るために目を酷使し、疲労が蓄積しやすくなる傾向があります。REMARKは、「最近視力が落ちてきた」と感じはじめた方をサポートする新しいメガネレンズです。一般の遠く用メガネレンズとは違い、左右それぞれに最適な見え方を設計。REMARKだからこそできる設計により、近くから遠くはもちろん、上下左右どこを見ても快適な視界を得られます。


全方位の目の動きを考慮した設計。
だから、すみずみまできれいに見えます。

レンズの中心部からは視線が左右に移動した場合でも、常に快適な視界が得られます。
横の物を見る場合、レンズの赤マーク周辺を使っています。
斜め上の物を見る場合、レンズの青マーク周辺を使っています。
正面下の物を見る場合、レンズの緑マーク周辺を使っています。
暮らしの中ではレンズのさまざまな部分を使って物を見ています。リマークは、両眼視を考慮した光学設計で作られています。


遠くから近くまで「見る」運動をサポート。
いつでも快適な視界が得られます。

レンズの下方向に、「近く」をサポートする度数のゾーンを設けることで、遠くから手元まで視線が移動しても自然な見え方を実現しています。
遠くを見る場合、レンズの上部分を使います。
近くを見る場合、レンズの下部分を使います。

「近くを見る」ことは、調節を必要とする目の運動です。調節とは、遠くから近くの物へピント合わせを行うこと。その時、毛様体筋という調節筋肉が働きます。リマークは、この調節筋肉の働きをサポートするレンズです。


活発に動く目をやさしくサポートする[Active]。
若い人に使ってほしいメガネレンズです。

近視や遠視を補正する一般的な単焦点レンズは、対象物に正対した状態で見ることを前提に設計されています。しかし、毎日の暮らしのなかでは、遠くから、左右、手元などさまざまに視線を動かしています。リマークアクティブは、全方位での快適な視界を考慮しているので、日常生活全般で快適にお使いいただけます。

働く人の目をサポートする[Biz]。
ビジネス用のメガネレンズです。


パソコンやディスクワークなどの、近くを集中的に見る時間が多い方に最適なのがリマーク ビズです。パソコンのように40cm前後の近方を見続けると、音の調節筋肉が常に緊張した状態となります。リマーク ビズは、近方視を積極的にサポートするので、近くの物をより快適に見ることができます。


その1
10代からの若い世代の目に優しい先進設計。
見るものの「方向」と「距離」を考慮した視界を提供。

目が常に自然体でいられる「リマーク」。

上下、斜め、手元、遠く・・・
どの方向を見ても、どの距離を見ても、自然な視界が得られる「リマーク」。
それはメガネレンズの進化=「新種」の誕生!
それほど今までにはない新次元の快適さを実現しています。
メガネレンズの常識を超えたリマーク誕生秘話。
その2
これまでは、まっすぐ遠くを見るため。
これからは、すべてを見るため。

若い世代の近視、遠視、乱視を視力矯正するメガネレンズを単焦点レンズ(シングルピジョン)と読みます。この単焦点レンズは「対象物に正対した状態で、まっすぐ遠くを見る事」を前提に作られてきました。しかし私たちは、毎日の暮らしの中で、あらゆる方向に視線を走らせてみています。たった一方向、一距離の見やすさだけを追求した単焦点レンズは、生活のシーンすべてに快適な視界を提供することはできません。そこでHOYAは考えました。遠くも、近くも、 右も、左も、斜めも、すべてをより快適に見るためのメガネレンズの開発を。
その3
目が常に自然体でいられる状態。
1枚のメガネレンズに注がれたコンセプト。

若い方はまだご存じないかもしれませんが 、シニア層に向けたメガネレンズの1つに、遠近両用レンズがあります。その特徴は「1枚のめがねレンズで、遠くから近くまで快適な視界が得られる」こと。単焦点でも同じように、日常のさまざまな動きを全てに、快適な視界を提供できるようにしたい、そんな思いが「リマーク」の開発へと突き進む推進力となりました。しかし「遠くを見るためのもの」を「すべてを見るためのもの」へと進化させるには、今までの設計理論を超えなくてはなりません。従来の理論だけに頼ることなく、モニターテストで検証し、目が常に自然体でいられる状態まで快適さを高めたレンズ、それが「リマーク」です
その4
「右眼・左眼別設計」と「今方視サポート」、
先進設計のニューコンセプトレンズ。

ニューコンセプトレンズ「リマーク」は、2つの先進技術で、目が常に自然体でいられるようにしました。
先進設計① 右眼・左眼別設計
両眼視を考慮した光学設計で、右眼・左眼それぞれに専用のレンズを作りました。
先進設計② 近方視サポート
レンズの垂直方向に非球面量の変化を与えることで近方視するときの眼の調節をサポート。レンズの下部分を使って、近くのものを見るときも快適な視界が得られます。
その5
どの方向も、どの距離も。
「リマーク」で生まれる快適な視界。

遠くを見たり、近くを見たり、目は見るものの距離に応じてフォーカスします。
一般に近くを見るときは、水晶体が膨らんでフォーカスします。従来の単焦点レンズは「遠くを見ること」を前提に作られています。
このため、パソコンや携帯電話、ディスクワークなど、手元を長時間見つめる場合は、水晶体が膨らんだまま。この膨らみを少しでも軽減することが、快適装用につながると考えました。
どの方向もどの距離も、快適な視界が得られる「リマーク」
毎日かけ続けることで、目の負担が少なくなり、目が常に自然体でいられる、快適な視生活が始まります。
リマーク開発チーム 田中郁香

HOYAホームページ