RFスポーツ
フレームのそり角によって生じる「視線のずれ」と「体感度数の変化」について
そり角(フレームカーブ)の大きいフレームに、一般的なフレーム用の度数で眼鏡レンズを枠入れ加工し装用した場合、視線に対するレンズの光軸が傾斜することにより、「視線のずれ」と「体感度数の変化」が生じます。(下図 参照)
これにより装用者は、特にそり角が大きい時、矯正過不足・両ガン視での違和感や揺れ・ぼやけなどから目の疲れを感じ快適な装用が出来ないことがあります。
レンズが傾くと視軸と光軸のずれが発生します。
そり角による場合は、視線が外向きになるので(ベースアウトプリズム発生)、視線のズレを視軸に合わす為にベースインプリズムを付加し補正することになります。
レンズが傾くと傾斜した方向にレンズ度数を強く感じ、体感度数の変化がおこります。そり角による場合は、横方向の度数が強くなるので、横方向の度数を弱めに補正することになります。
【出典】東海光学



copyright©2012 Meakasi all rights reserved.