平成25年1月20日
全国自治体首長 各位
              インターネット放送局 IWATE.TV
有限会社 佐藤時計店
代表 佐 藤 祐 輔
近未来を先取りするスマホラジオ局のご紹介
 突然のメールで失礼を申し上げることをお許し下さい。
 私は北国岩手、石川啄木のふるさと盛岡と宮沢賢治のふるさと花巻の中間にあって銭形平次捕物控えの原作者、野村胡堂の生誕地である紫波町に在住しております。長年、パソコンとインターネットの活用について研究して参りました。
 この度、 当社にて開発いたしておりました多機能携帯電話(スマホ)による音声発生機能の活用によるスマホラジオ局のシステムが完成の域に達しました。この仕組みを利用することにより行政や企業の情報発信が容易となり地域の活性化が図られるものと確信いたしております。さらには、教育、環境、介護、健康、観光、安全などに革新的な改善が期待できます。特にも、震災など非常時の際の対策になるものと考えます。ぜひ、サンプルのWebサイトをご覧になり、毎日のリアルタイム情報の音声発信の出来るポータルサイトとして活用していただきたく、ご紹介を申し上げます。
 なお、この提言の内容はウェブサイトhttp://shiwa.tvの「コラム」に掲載いたしており、音声でお聞きになることが出来ます。さらには、音声サイトの実証例として当社のホームページもご覧いただければ幸甚に存じます。
http://www.meakashi.com  (岩手県紫波町日詰・有限会社佐藤時計店・眼鏡屋目明かし堂)
 地方分権が叫ばれて久しくなりますが、ITの活用により民意が反映される行政が各地方自治体において実現することを期待し、僭越ながらご提言を致しました。
末筆ながら各自治体の益々のご発展をご祈念申し上げております。

追伸 本状は営業を目的に差し上げるものではございません。ご紹介を申しあげる企画は、同等のものを容易に構築できる内容です。各自治体において、それぞれの取り組みの参考にして頂ければ幸いでございます。
TVドメイン活用のインターネット放送局と スマホ携帯電話のスマホラジオ局のご提案
スマホが世界を変える
 昔は美女が国を傾けましたが、今は「アラブの春」にみられますように、ITが国を傾ける時代になりました。インターネットのブログ、ツイッター、フェイスブック、LINEなどの情報とスマホ、タブレットPCなどハードの進化による高度情報化が社会を大きく変えようとしています。
 あと3年もすれば多くの人の携帯電話がスマホに変わっていると思われます。その時の身近なふるさとの状況を想定してみますと、ITによる地域情報の共有が最も強力で重要な地域連携の手段になっていると考えられます。そこで、その手立ての一つとして多機能携帯電話(スマートフォン)による音声発信のスマホラジオ局の開設のご提案を申し上げる次第です。

緊急災害の有効手段
 広くスマホが普及すれば、その音声コンテンツはコミュニティーFMラジオの機能を果たすことが出来ます。地域への日常のローカルな生活情報、例えば行政や地域のお知らせ、企業の宣伝情報が提供できて、更には、火事等の緊急情報なども伝達できるようになり、ポータルサイトの機能を果たします。特にも、平時にリアルタイムに情報を伝達できる体制が整っていれば、非常時の災害等の大きな備えとなります。インターネットでのスマホの音声コンテンツの仕組みはオリジナルなノーハウです。まだ何処でも取り組んでいない試みです。ITによる地域活性化として、行政、企業、地域の組織の参画を期待しております。
まずは、右記のQRコードでスマホを開き音声情報をお聴きになってスマホラジオを体験してみて下さい。
 メール mf@iwate.tv
 連絡先 電話019-676-2838
 事務局 目明かし堂 佐藤祐輔
スマホラジオのメリット
・毎日の情報の受発信ができる
・いつでもどこでも誰でもが使える
・スマホ、タブレットPCが利用できる
・緊急時に対応できる(パケット通信)
・音声なので内容が理解しやすい
・視力障害、高齢者のバリアフリー
・経費負担が少ない
・官民協働が可能である
・地域ポータルサイトの役割を担う
■スマホラジオ・サンプルWebサイト
インターネット放送局
紫波TV スマホラジオ
shiwa.tv
 音声地域情報
岩手TV iwate.tv
音声ポータルサイト
 (Voiceいわてグラフ)
ビジネス 音声サイト
目明かし堂
meakashi.com 
【参照】岩手県内自治体へのプレゼン  地域連携Miu(2012.07.06)